民泊

マンションによって民泊が禁止の理由とは?

あなたが空き部屋をお持ちであり、もしそれがマンションの一室の場合。今注目の民泊に登録して活用したいと考えているならば確認せねばならないことがあります。マンションによっては、管理規約において「民泊登録禁止」となっている物件もあるので注意が必要です。どうして民泊登録が禁止になることがあるのでしょうか。
まず一般にマンションは、大勢の所帯で成り立っています。たとえ隣近所の付き合いはなかったとしても、共同生活特有のルールやマナーを守る必要が出てきます。しかし、特に都市部の民泊において、利用者の大半はバックパッカーなどの外国人旅行者です。悪気はなくとも、マンションの敷地内にて大声で話したり、廊下で唾を吐いたり、公共スペースにも関わらず平気でタバコを吸ったりというトラブルがおきがちです。日本においては「常識」の範囲内で、当たり前のマナーであったとしても、彼らにとっての当たり前ではありません。また、違法で民泊ビジネスを行っているようなケースも少なからず存在するため、様々なリスクを踏まえて「民泊禁止」を規約に掲げるマンションがあるのです。
きちんとマンションの規約を確認してから、民泊ビジネスの準備を進めていきましょう。

単身赴任のお父さんに?民泊のこんな使い方

民泊については、数年前からよく耳にしてはいましたが、自分の立場では泊りがけの観光くらいしか利用目的が思いつきませんでした。「よっぽどの僻地ならともかく、気持ちをリラックスさせたい観光旅行で、よそのお宅に気を使って泊まらせてもらうのは、いくら安くてもストレスを感じるかなあ」と考えていました。しかし、日本のビジネスホテルは高いということもあり、値段の面で興味を感じていました。
そんな中、最近失業した夫が隣県の企業に再就職が決まりました。数か月の試用期間中一人離れて単身赴任することになったのですが、ワンルームマンションの値段に驚いてしまいました。すると「こういう時こそ、民泊で連泊させてもらえばいいのではないだろうか?」と夫。週末は帰宅するので、4日間の連泊を繰り返した方がマンションを借りるより手間もかからず、一般的なビジネスホテルに泊まるよりも5割~6割は安く上がることから、検討し始めました。
結局夫は、知り合いのつてで間借りの下宿先を確保したのですが、これもほとんど民泊のような感覚です。夫のように短期の単身赴任、さらには中長期の出張など、ビジネスシーンにおいての選択肢に民泊が挙がることも増えていくのではないか、と思いました。

SNSを通じた民泊サービスの展開

民泊のサービスを提供する立場にある人は、SNSに登録してサービスの展開を模索しているのではないかと考えられています。近年多くの人々から、民泊の取り組みが認知されるようになり始めているため、SNSに登録してニーズを探る動きも示されていると言えるのではないでしょうか。このような動向は、昨今非常に活発なものとして見受けられていると考えられているため、話題としても度々扱われているのではないかと思います。比較的若い年代層の人からは、SNSに登録して民泊のサービスを選択する情勢が活発になってきていると考えられているため、その点も注目が寄せられています。
民泊のサービスが爆発的に拡大してきた背景にも、SNSの活用が絡んでいるのではないかとみられています。そのため、このような傾向が将来は更に強いものとして見受けられていくことが推測されています。今後は地域に関係なく、SNSで民泊のサービスの展開が普遍的に展開されるのではないかと思います。これまで以上に民泊を活用して宿泊場所を探そうとする人が一層多く見受けられるこにとも絡んでいくものと考えられていることから、関心の度合いが高くなるでしょう。民泊の仕組みが、現在よりも身近なものに感じられるきっかけにもなることが期待されています。

トピックス